ハイブリッド式の除湿機を買うと、損をする?!その理由とは?

joshituki
URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは!たまぺんです。

今日のテーマは、

「ハイブリッド式の除湿機を買うと損をする?その理由とは?」です。

雨の日や梅雨の時期、衣類乾燥の際に役立つ除湿機。

どんな除湿機にしようかと、あれこれ迷ってしまう方も多いはず。

除湿機の種類が多すぎて、
決められない・・・

除湿機選び。
買ったあとで、後悔したくないなぁ・・・

たまぺん

大丈夫!
この記事を読めば、どんなふうに除湿機を選べばいいのか、
方向性を掴むことができますよ。

実を言いますと、私も除湿機を買うまでは、

「どれを買うのが一番いいんだろう。後悔しないだろうか。」と

調べ回りました。

結果!!!

衝撃の事実に気がついたのです。

もし除湿機の購入を考えているなら、

この記事を読んだあとでも遅くないはず!!!

この記事を読み終えたあと、

除湿機選びの考え方が、180度大きく変わっているかもしれません。

目次

除湿機の種類は、主に3種類!

本題に入る前に、そもそも除湿機にはどんな種類があるのかと言いますと、

コンプレッサー式

デシカント式

ハイブリッド式

の主に3種類です。

ペルチェ式もありますが、これは主に下駄箱やクローゼットなどの狭い空間向け。

今回は、除湿能力の高い、この3タイプの中から、

どれを選ぶのがいいのかについてお伝えします。

ごくごく簡単に、それぞれの除湿機の長所短所をまとめてみました。

コンプレッサー式の特徴

コンプレッサー式を買うと、冬に使えない、音は少し大きめ。

でも、パワフルで電気代も安い。

デシカント式の特徴

デシカント式を買うと、電気代がコンプレッサー式より2~3倍かかる。

除湿能力は、コンプレッサー式に比べて劣りがち。室温はあがりやすい。

でも、通年使えて、音も静か。

ハイブリッド式の特徴

・コンプレッサー式+デシカント式

・サイズは大きめ、重め

・本体代は高め

でも、通年使えるし、

なんと言っても、コンプレッサー式とデシカント式の使い分けで、

いいとこ取りができるのが最大の魅力。

ハイブリッド式は候補から除外すべし!その理由とは?

こうやって見ていくと、ハイブリッド式はいいことばかりのような気がしてきますが、

ちょっと待って下さい。

除湿機を選ぶ際には、いったい自分が何を重視しているのかを一度考えてみる必要があります。

音? 本体価格? 除湿能力? 電気代? 通年使用? デザイン? 

ご自身にとって、一番重視しているのはどれでしょうか?

重視する箇所は人それぞれだと思いますが、

なかでもハイブリッド式は候補から外してみるのもいいかもしれません。

その理由をお伝えします。

ハイブリッド式は本体代が高い!

ハイブリッド式は、本体代が4万~7万もします。

パナソニック(Panasonic)
¥45,800 (2021/06/17 10:37時点 | Amazon調べ)

ハイブリッド式が欲しいという方は、

通年使いたいし、両方の機能があれば安心と思われているからでしょう。

セット価格がお得!

ところで、ハンバーガーは、セット価格でお安くなるのは

おそらく皆さんもよくご存知ですよね。

ハンバーガーセットは、ハンバーガー+ポテト+ジュース=セットだとお得!

ハンバーガー+ポテト=セットでお得!

になります。

ハンバーガーはセットで買ったほうがお買い得♪

でも、除湿機は違います。

たまぺん

除湿機は、全部セットになってる「ハイブリッド式」を買うと、
大変なことに!!!

■コンプレッサー式+デシカント式 < ハイブリッド式

え?!
コンプレッサーとデシカント式の
2つの除湿機買うほうが安いの?!

■コンプレッサー式+デシカント式+サーキュレーター < ハイブリッド式

さらに、衣類乾燥用にサーキュレーターを買い足しても、
まだハイブリッドの方が高いなんて・・・

たまぺん

私も最初はビックリしました!
でも、やっぱり単品買いのほうが安いんですよね。

ハイブリッド式1台よりも、
単品で3個揃えるほうが安いなんて意外!

そうなんです。

除湿機は単品買いの方が安い

この事実に気がついたときには、正直驚きました。

実際に計算してみましょう

もっとわかりやすいように、実際に計算してみましょう。

たとえば・・・

■通年使いたい場合

コンプレッサー式 1.5万円 + デシカント式 1万円=2.5万円 で、

5万円のハイブリッドを買うよりも、除湿機2台を買うだけでかなりの節約です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥13,500 (2021/06/17 10:37時点 | Amazon調べ)

■送風機能も欲しい場合

コンプレッサー式 1.5万円 + サーキュレーター6000円=2.1万円

コンプレッサー式 1.5万円 + デシカント式(送風機能付き) 2万円=3.5万円

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥18,000 (2021/06/17 09:59時点 | Amazon調べ)

コンプレッサー式 1.5万円 + デシカント式 1万円 +サーキュレーター6000円=3.1万円

ショップワールド
¥5,280 (2021/06/17 11:26時点 | 楽天市場調べ)

通年使えて、衣類乾燥のための送風機能を備えたハイブリッド式除湿機7万円を買うよりも、

単品買いのほうが、本体代を抑えることが出来ます。

除湿機は、1台を選ぶ考えしかなかった!

単品を買い揃えるだけで、
本体代が半額近くになるのね。

つまり、除湿機選びで後悔したくないなら、まずは「コンプレッサー式」か「デシカント式」を単品で買って、

それで不満が出てきたら、その機能を補う除湿機を買い足すのが、本体代をミニマルにするコツなのです。

ちなみに、私は、コンプレッサー式1台+サーキュレーターをおすすめしてます。

■コンプレッサー式 + サーキュレーターの場合

コンプレッサー式 1.5万円 + サーキュレーター5000円=2.1万円

コンプレッサー式なら、夏や梅雨の時期にもパワフル除湿してくれますし、電気代も安くで済みます。

(ただし、「音が静かで、冬の結露のときにも通年使いたい」のを重視するなら、デシカント式)

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥13,500 (2021/06/17 10:37時点 | Amazon調べ)
ショップワールド
¥5,280 (2021/06/17 11:26時点 | 楽天市場調べ)

除湿機とサーキュレーターの2つを合わせても2万円ちょっとで、十分活躍してくれます。

我が家では、今のところ、デシカント式は必要ないので、

「必要を感じたときに買い足せばいいかな」くらいの気持ちでいます。

いかがですか?

たしかに3つの家電を揃えると場所をとってしまう部分もありますが、

本体代を抑えつつ、すべての機能を満喫するなら、単品で買い揃えたほうがお得なのです。

ハイブリッド式は割高である。

除湿機は単品買いがオススメ!その理由とは?

持ち運びが楽

除湿機は、コンプレッサー式とデシカント式が2つ揃っているハイブリッド式よりも、

断然、単機能のほうが軽くて持ち運びが楽です。

・洗面所

・玄関

・クローゼット

・寝室

・リビングetc.

いろんなところに持ち運ぶなら、

小型軽量のものか、

キャスター式のもの(階段がない場合)が

おすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥13,500 (2021/06/17 10:37時点 | Amazon調べ)

捨てやすい

5万、6万、7万円の除湿機は、たとえ傷んできたとしても、

なかなか捨てられません。

たしかに!
7万円の機種を捨てるのは、かなり勇気がいるかも・・・

でも、1万、2万のものであれば、経年劣化で傷んできても、

7万円のものよりは気軽に交換しようと思えるはず。

除湿機は消耗品です。

気軽に最新のものに買い替えできる、単機能のもの、

とくに小型のコンプレッサー式がおすすめです。

単品買いのほうが性能がいいことも!

基本は、コンプレッサー式+サーキュレーターのみでOK!

除湿機は単品買いのほうが安いと分かりましたが、なにもコンプレッサー式、デシカント式、サーキュレータのすべてを買う必要はありません。これは、あくまでたとえ話。

基本は、コンプレッサー式除湿機と、サーキュレーターが1台あれば、それで十分。

それぞれ別々になっていたほうが、

「洗面所で除湿機、寝室でサーキュレーター」と、別の場所でも同時に使えますし、

持ち運びも楽です。

除湿機とサーキュレーター、
別々のほうが、各部屋で使えて、使い勝手よさそう!

衣類乾燥のときだけ、
除湿機とサーキュレーターを同じ部屋に置くのね。

たまぺん

除湿機単品で買うと、コンパクトな除湿機が見つかりやすい!

サーキュレーターは、単品のほうが高性能なものが多いのです。

故障しても、その故障した機種だけを修理したり買い替えたりすれば済む話です。

ハイブリッド式は、たしかに、すべてが1台にまとまっていてコンパクト。

コンプレッサー式とハイブリッド式が、同価格でサイズも同じくらいなら、迷わずハイブリッド式を選びますが、

残念ながら、そうもいかないのが実情。

なので、電気代も、本体代もミニマルにしつつ、パワフルに除湿するなら、

最初に買う除湿機は、コンプレッサー式1台がおすすめなのです。

まとめ

いかがでしたか?

高機能な除湿機1台よりも、「単品で買い揃える」という発想の転換

ぜひ、頭の片隅におきながら、ご自身に合った除湿機を探してみてください。

  • ハイブリッド式除湿機は本体代が高め
  • 実は、単品で欲しい機能の機種を買い揃えるほうがお得で、便利♪
  • 小型コンプレッサー式+サーキュレーター買いがおすすめ

この記事が、除湿機選びのヒントになれば嬉しいです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥13,500 (2021/06/17 10:37時点 | Amazon調べ)
ショップワールド
¥5,280 (2021/06/17 11:26時点 | 楽天市場調べ)

WordPress初心者さんこそ、有料テーマを!SWELLは自分の時間への投資です。

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
joshituki

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

暮らしのミニマル化と効率化を研究中の2児の母です。
「ミニマル化」×「効率化」で、自分らしく楽しく暮らせるためのヒントをお伝えしています。
興味のあるもの:ミニマリスト、モノトーンインテリア、シンプルインテリア、時短家電、時短調理、サブスク、スマートスピーカー、ラク家事、副業、起業、おうち時間。
ハマっていること:音声配信、スタンドfm(スタエフ)、電子書籍出版。

目次
閉じる